四国新聞メディア株式会社

PROJECT1フリーペーパーチーム

取材相手の思いをくみ、目的や読者に合わせて表現。幅広いジャンルの知識が身に付く! コンテンツ事業部・田村柊子

フリーペーパーチームとは

  • 「オアシス」「健康新聞」をはじめ、各種媒体を幅広く制作
  • 読者や取材先に喜んでいただけるのが、なによりのやりがい
  • マイペースで仕事ができ、ワークライフバランスも充実
  • 何事にも好奇心を持って取り組める人が向いている!
フリーペーパーチームの写真

四国新聞メディアに入社した理由は?

以前は東京で本を作っていたのですが、香川でも紙媒体に関わりたいという思いで入社しました。小さい頃から文章を書くのが好きでしたし、生活情報紙の制作によって、土地を知ることができるのも魅力でした。

フリーペーパーチームの写真

現在の仕事は?

生活情報紙「オアシス」や、「健康新聞」の企画提案、取材執筆、校正など、紙面作りの最初から最後まで携わっています。巻頭特集になると、10件近い取材先に当たることも。また、自治体などから受注した業務として、外国人観光客向けの観光情報を収集したり、子育て情報紙を制作したりとさまざまなジャンルの仕事があり、目的や読者に合わせたライティングを心がけています。

フリーペーパーチームの写真

あとは、紙面のイメージに合った内容にするため、プロのカメラマンの撮影や監修団体の会議に立ち会うこともあります。そんなときは、多くの人の協力を得て紙面ができることを実感します。

会社の雰囲気は?

明るい笑い声があるときと、真剣にキーボードをたたく音しか聞こえないときの両方があり、メリハリのある職場です。先輩は優しい方ばかり。入社したての頃、休憩を取るタイミングや仕事の要領が分からずにいるとマメに声をかけてもらえて、早くなじむことができたと思います。

フリーペーパーチームの写真

どんな人が向いているか教えてください。

取材先や営業担当、広告クライアントなど、たくさんの人とやりとりしつつ進める仕事なので、コミュニケーション力は必須です。 特に取材で話が弾むよう、明るく、人の話に興味を持って聞ける人が向いていると思います。デザイナーさんは、コツコツ型やアイディア一発勝負型などいろいろなタイプの方がいますね。でも、あらゆることに興味をもって取り組める「前のめり」な人が一番です!

最大のやりがい、今後の目標は?

目標はやっぱり、メインのコンテンツであるオアシスと健康新聞の充実です! 毎週記事を書かなくてはいけないのは大変ですが、その分幅広い知識や人脈が広がっていきますし、最新ショップのおいしいものをいただく楽しみも。取材したお店の方から「あなたの書いてくれた記事のおかげで、たくさん売れたよ!」などと言っていただけると、本当にやりがいを感じます。今後も、信頼される記事を書けるライターとして成長していけるよう頑張ります。

四国新聞メディア株式会社

© THE SHIKOKU SHIMBUN MEDIA ALL RIGHT RESERVED.

モバイル版に切り替える